メイク教室に通い始めて…② 美しさに敏感になったら

言葉、表情筋、所作etc.他のお稽古にも行くようになりました。

今までの私は、うまく笑えないし、ほとんど話さないし、所作に気を使ったこともない。

そして、それでもいいや、とさえ思っていた。

「仕方ないじゃん!そんな私なんだから」なんて、何の努力もせずに。

でも、相手に思っていることを伝えられない。

その思いが常にあり、言葉のお稽古に参加してみることにしました。

そこで学んだこと。

私が伝えたいことは、説明ばかりだったこと、相手には受け取る理由もないのに押しつけるように、わかって!わかって!!と。

それはコミュニケーションではなかった。

そして、言葉や、表情や、所作を学んでいて気づくこと。

「ただ教えてもらうだけではなく、その奥は?」

 

丁寧な言葉は誰に届けるため?

その笑顔は誰のため?

その美しい振る舞いは何のため?

 

 

そうだ。

これらを通して

目の前の人、出逢った人達、大切な人達に、

幸せになってもらいたいんだ、私は。

私の理想とする美しい人って、そういう空気を纏った人だった。

 

ほんの少し行動を起こすと、普段の何の変化もない生活に風が吹き込みました。

風が吹く方を見ると、知らない世界が広がっていた。

物事の見方が変わる。

私の知らない事ばかり。

知ることが楽しい!たくさんのこと学びたい!

そして、その学びを通して幸せ届けたい。

メイク教室に通い始めて…① 環境の変化から

メイク教室に通い始めてまず、変えていったこと。

メイクの環境を変えました。

今までは洗面所での時短メイクだったけど、早起きをして時間に追われることなくゆったりと、そしてきちんとドレッサーでメイクをする。

次にドレッサー周りの環境を整えて行きました。

また使うかな?と取っておいて使っていないコスメは全て整理し、お花を飾りました。

あれ?

それだけで、鏡を見る私の顔は、なんだか楽しそう。

メイクの時間に色がついた、そんな感じ。

コスメも、メイク道具も、ひとつひとつを見ているだけで楽しくなった。

このリップ好き!ファンデーションも、筆も。

だから、どれを使うのも楽しくて、うきうきする。

どれを扱う時も丁寧に扱うようになりました。

だんだんと、メイクの時間を通して、全ての事柄に「丁寧に」を意識するようになっていきました。

仕事場で使うパソコンや文具達にも感謝。

そして人との出会いも丁寧に。

時間ギリギリで走って行くより、少し遅れますと伝え、身なりを整えてから相手に会う。なんてことも。

また、この時に取り組んでいた教室の課題。

Facebookに自撮りを載せること。

恥ずかしいー!!そんな、私の顔なんて!まだメイクも上手にできないし!!

って、思っていたけど、まずやってみた。

今までの先輩達の写真を参考にたくさん見て、実際にたくさん撮ってみて。

試行錯誤。

こんなにも自分の顔を見ることすらなかった。

私の顔なのに、ね。

そういうところ、今までは本末転倒だったなって思う。

「綺麗になりたい」って、自分の顔をじっくり見る事の無かった人が、メイクの技術を学ぶのってなんか違うよね、って。

そういう物事の考え方、捉え方の、根本的なところが今までと変わってきました。

そして、今までは周囲の反応ばかりにアンテナを張って怖がっていた私が、自分自身の事、

自分の体調や肌のコンディション、自分の今の気持ち、に意識が向くようになってきた。

コレが好き、これは苦手。

今まで考えなかった事に頭を使うようになってきた。

今までの「あたりまえ」は、当たり前ではない。

だんだん、だんだん、私自身が見えてくる。

それは、新しい私なのかもしれないし、本来の私なのかもしれない。

とっても興味深いです。

 

慎吾先生との出逢い

緊張する
すっぴんで東京向かってる
不思議

でも、これからかわるんだから、まぁいいか
今日は東京で河村慎吾先生のコスメ同行。
私に合ったコスメを選んでいただきます。

どんな人だろう?
私は今日、どうなるんだろう?

考え過ぎたらダメだ
まだ、期待より不安が大きい
違うこと考えよう

到着
電話なる
近くのカフェへ

緊張する
メイクのカウンターにも行ったことの無い私

レッスン生の子がいた
あ、笑いかけてくれた
なんて、可愛らしい子
なんて、素敵な笑顔

あんな風に笑いたいな

先生と話す。。。あれ、言葉が出ない
自分の気持ち?あれ?気持ち。。?
なんだ、これ
うまく言えない
伝えたいのに

涙が出る
うゎ、ダメだ
頭の中、ぐちゃぐちゃになる

「親を安心させる結婚したい」
「芯のある人間になりたい」
「自分に自信を持ちたい」
そういうこと言おうと思ってたけど、「なぜ?」と聞かれると、言葉に詰まる。。。

先生と話しながら
言ってくれるコメントが、その通りですと納得することばかり
なんでこんなにわかるの?
あ、でも、ほんと、その通りです。ハイ。

それも、理由があってのことだから、
河村先生の言う事は素直に聞ける

最後にフルメイクをしてもらった私の顔は、まるで別人だった
私、こんな顔していたんだ
感動のあまり、また、涙が溢れた

真剣にLesson受けたい、そう思った
この日、新幹線の日帰り

東京に通うなんてありえない?
なんとかなる!2018年3月17日

Processed with MOLDIV

東京まで行こうと決めた日のこと

少しずつでも、小さな幸せ見つけていて
興味のあることはしてみようと思えてきている

そして、もっと望んで良い、という亜美衣先生の言葉から
もっと綺麗になりたい
もっと自信をもちたい
もっと幸せそうに笑いたい
幸せな結婚をしたい

そういう気持ちがわいてきた
私なんて、、、という気持ちもあるけど
なれるものなら、、、というのぞみも

そのタイミングでワークブックの最後のメイクページを見た。
今までメイクなんて関係ないと思っていたところ。
え?自分が美しくなったら、周りを幸せにするの?
結婚や幸せな人間関係まで引き寄せて?

そんな理想的なことおこる?
おこせる?変われる?
ネットでこちらのメイク教室調べてみよう。。

なんて素敵な笑顔!!
みんな、お化粧が濃くなったとかぜんぜんなくて。でもなんて素敵に笑っているんだろう。
すごい。きになる。

でも、私なんて、どうせ行ったところで。。。

でも、気になる

でも、でも、、、

何日も繰り返す

よし!
私は私なりに、綺麗になる努力をしてみよう
今の私より、かわいくなれるように
これだけ気になるのは、いまがタイミングなんだ!

コスメのことも、全然知らない
きちんとプロに教えてもらおう

何処でもいいわけじゃない。
この教室に行ってみたい。レッスン受けてみたい。
何度もHPを眺めていて、目が離せなかった理由。

HPのみんなの笑顔が素敵だから、河村先生に会いたい。

東京に行く事を決めた。2018年2月

奥平亜美衣さんとの出逢い

自分に自信が無くて、周囲の顔色を伺って生活していた私。

今までもそうだったけど、この時期は特に酷かった。

何に対しても、誰に対しても。

そして自分に対しても。

「どうせ私なんか。」

そしてそれを隠していた。

口に出したって、相手が困るだけだし

「そんなことないよー!」っていう言葉をもらいたくなかったし。

そんな時懐かしい友人とゆっくり話す機会がありました。

チラッと私のことを話してみた。

今の状況から抜け出したい。何から手をつけていいかわからない。

そんな私に友人は「奥平亜美衣先生」を教えてくれました。

友人は「悪こいことばかり考えていると、悪い事が寄ってくるよ」と。

ん?

なんとなく、わかる気もするけれど、基本的に起きる出来事を思考でコントロールまでできないでしょう。と、最初は思いました。

でも、まずは、「やってみよう」。

半信半疑ではあったけど、

引き寄せ完全マスターブックを手に取ったのが始まりでした。2017年後半くらいのこと。

読み進めていく内容は、分かりやすいもの。

うん。うん。

でも、理解はできるんだけど、どういう感覚なのかがピンとこない。「感じる」って何だ?。

あまりにも自分の感覚を意識する事が無かったので、わかりにくくなっている。

「楽しい。」それは、周囲の人が笑っているから?

私自身は本当に楽しいと思っている?他の人に合わせようとしていない?

自分の気持ちに向き合う事が始まりました。

小さな幸せや、自分の気持ちに気づくよう、取り組み始めた日々。

それは、文句ばかり言って何も動かなかった時とは明らかに違う日々。

「なんとなくいいな」そんなふわっとした気持ちが芽生えた頃でした。