メイク教室に通い始めて…① 環境の変化から

メイク教室に通い始めてまず、変えていったこと。

メイクの環境を変えました。

今までは洗面所での時短メイクだったけど、早起きをして時間に追われることなくゆったりと、そしてきちんとドレッサーでメイクをする。

次にドレッサー周りの環境を整えて行きました。

また使うかな?と取っておいて使っていないコスメは全て整理し、お花を飾りました。

あれ?

それだけで、鏡を見る私の顔は、なんだか楽しそう。

メイクの時間に色がついた、そんな感じ。

コスメも、メイク道具も、ひとつひとつを見ているだけで楽しくなった。

このリップ好き!ファンデーションも、筆も。

だから、どれを使うのも楽しくて、うきうきする。

どれを扱う時も丁寧に扱うようになりました。

だんだんと、メイクの時間を通して、全ての事柄に「丁寧に」を意識するようになっていきました。

仕事場で使うパソコンや文具達にも感謝。

そして人との出会いも丁寧に。

時間ギリギリで走って行くより、少し遅れますと伝え、身なりを整えてから相手に会う。なんてことも。

また、この時に取り組んでいた教室の課題。

Facebookに自撮りを載せること。

恥ずかしいー!!そんな、私の顔なんて!まだメイクも上手にできないし!!

って、思っていたけど、まずやってみた。

今までの先輩達の写真を参考にたくさん見て、実際にたくさん撮ってみて。

試行錯誤。

こんなにも自分の顔を見ることすらなかった。

私の顔なのに、ね。

そういうところ、今までは本末転倒だったなって思う。

「綺麗になりたい」って、自分の顔をじっくり見る事の無かった人が、メイクの技術を学ぶのってなんか違うよね、って。

そういう物事の考え方、捉え方の、根本的なところが今までと変わってきました。

そして、今までは周囲の反応ばかりにアンテナを張って怖がっていた私が、自分自身の事、

自分の体調や肌のコンディション、自分の今の気持ち、に意識が向くようになってきた。

コレが好き、これは苦手。

今まで考えなかった事に頭を使うようになってきた。

今までの「あたりまえ」は、当たり前ではない。

だんだん、だんだん、私自身が見えてくる。

それは、新しい私なのかもしれないし、本来の私なのかもしれない。

とっても興味深いです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です