告白までのデート

本気で婚活を頑張る、と決めていた一年。

そこで、行動したら何人かの男性とご縁をいただきました。

 

今までは家と職場を往復するだけの毎日。

それでいて「出会いが無い!」と、文句を言う私でした。

今、冷静に振り返るとお恥ずかしい限りです。

 

婚活を応援したくなるような私になろう。

口だけで無くて、ちゃんと行動していこう。

 

 

初デートの機会を得ても、

「また行きましょう」で、次は無し。

 

そんな事の繰り返しだったけど、頑張るぞ!!

 

 

 

そんな中、友達に紹介してもらった方と、

二人で食事に行くことになりました。

 

まず、ご縁に感謝する気持ちは常に心に。

紹介してくれた友達にも、

今日のために時間を空けて、

お店の予約をしてくれた彼にも。

 

そして、その場は二人で作るもの。

 

相手任せにするのではなく、

私も楽しむ!

いちいち喜ぶ!

そんな姿勢で臨みます^_^

 

 

大きく頷く。

いろいろな体験の話をしてくれる、

その時どんな事を感じていたのか聞いてみる。

 

 

とっても話がおもしろくって、

あっという間に時間が過ぎていきました。

 

周囲の人を大切にしている人

言葉を大切にしている人、

という事がわかりました。

 

相手が何をしている人なのか、よりも

相手が何を大切にしているのか、

価値観を知るのが 面白い。

 

 

次のデートでは仕事の関係で少し遅れてしまった私。

「お店に入って待っていて」と伝えましたが、

彼は駅の改札で待っていてくれたのです。

 

後からお店に入るのがちょっと苦手だった私は、嬉しかった!

 

今日もたくさんの話をして、

彼セレクトのお店も美味しくて

雰囲気も良かったので

喜んでいることをきちんと伝える。

言わないと、伝わらないからね。

 

イメージは、次。

また会いたい、という気持ちで過ごし、

次の約束をしました。

 

 

次につながるデートをする。

ただ、会うだけでは無くて

毎回 お互いを知る努力をする。

相手を喜ばせる。

 

そんなことを 心にとめながら デート繰り返していました。

 

 

あるとき、

イベントに行ったら2時間待ちだったんだけど

この2時間の待ち時間が、

私にとってとても早くて。

 

「あ、この人とならずっと一緒にいられるなぁ」と、

感じたのです。

 

 

そして、そのあと 何故か自分が死ぬ時の話に。

 

彼は「死ぬ時の自分が一番幸せと思って死にたい」と

私は「死ぬ時の自分が一番綺麗と思って死にたい」と、

言いました。

 

驚き、

そして「この人だ」という確信。

価値観が重なった 瞬間でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です